もしもに備える-家計の最低限貯金額とは?

前回お話した貯金はいくらあるといいか?家計で最低限貯金額という点でもう少し知っておくとよいことをご案内します。最低限ってどのくらいなのだろうかという疑問も解消されますよ。

 

家計で必要な最低限貯金額

もしもに備える-家計の最低限貯金額とは?

上記のイラストのように、独身だろうと家庭持ちだろうと何が起きるかわからない生活を過ごしているけど、お金の心配は本当に大丈夫なのかなと不安なのに対策ができていない状態。それではどんどん家計を、そしてあなた心を苦しめているだけになります。

貯金額を他家族と合わせてはNGという点はご理解できたでしょうか?
>>貯金はいくら必要?(前回のおさらい)

合わせて数字の具体化すべくライフプラン表作成という点もクリアできたと思いますが
>>見える!ライフプラン表作り

今回は最低限あると安心できる貯金についてのお話です。

3か月分の生活費で家計最低限の貯金額を抑える

こ の3ヶ月という数字は非常に重要で、万が一旦那様、奥様や家族に何かあった時でも大丈夫なように3か月分の生活費があるとある程度の期間、暮らしていける。という目安となります。

こういった生活費の貯蓄が「保険」となるので、
もしもを考えた生活力や家計管理力が試されます。
いい加減そろそろ、ギリギリ家計管理から脱出しませんか?

2 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here