諦める前に!海外旅行中のケガ病気とクレジットカード付帯保険制度

これから本格化する海外旅行だけど事前に海外用保険に加入する?しない?クレジットカード付帯の海外保険とどちらがよいのか基本から確認しよう。

 

海外でケガや病気の支払いは全額自己負担?

諦める前に!海外旅行中のケガ病気とクレジットカード付帯保険制度

海外旅行や用事で渡航した際に一番気になるのは怪我や病気にならないこと。
しかしオプショナルツアーや何かしらのアクティビティーに参加してもしなくても予期せぬ事故や怪我は起こってしまうもの。

海外での言葉の壁

英語や滞在先の言語が苦手であっても、日本を発っている以上こういった言葉の壁も自分で乗り越えるか通訳さんのいる病院を探すことも必要。ただできるだけ自己負担を減らして医療費を賢く調整したいのは誰もが思うこと。

では以下より確認をしていこう。

クレジットカード付帯海外保険

クレジットカード会社や加入プランにより異なるが、全額または一部の医療費が払い戻しされるというもの。そしてこれらの医療費を「海外療養費」の制度という。

しかし加入している保険会社の色々な条件を確認した上で、病院へ行くことをおすすめしたいことや海外療養費の対象外となるものも一例で見ていこう。

海外保険適用外例

  • 持病に関する治療
  • 日本で治療等をしていた関係で起こった病気や怪我
  • インプラント
  • 美容整形手術等、日本で保険適用外の処置や薬は認められない。

海外保険適用項目

  • 渡航先での怪我や病気
  • 疾病等




医療費の自腹は幾ら?

病院により異なるが、今回お世話になったクリニックでは最低限日本円にして約12,000円からと言われた。総合病院など、大きな病院ではもっと費用が掛かることも。

病院で通訳は必要?

日本語でないと、初診では基本情報の他に、規約など細かな書類を読んだりすることも。ただでさえ調子が悪いのに言葉が通じず大変な思いをするのは自分。それならば日本語が通じる病院を探すことが安心だ。

怪我でもなく病気でもない

先日実際にアメリカのグアムで病院に行った際、JALカード アメックスカード 利用で支払い請求に必要な書類は以下と保険会社より確認をした。

怪我した記憶もなく病気とも思えない。こういった時は海外療養費としてもらえるのだろうか?不安ながら念のため保険会社に問い合わせたことから今回の海外での医療費の疑問は解消されたというもの。

医療費の払い戻しに必要な情報

  • パスポートの顔写真と出国した日のスタンプのあるページのコピー
  • 領収証 (原本)
  • 10万円以上になる場合は医者からの診断書 (原本)

※通院する場合等、交通費や薬代も適用される為、領収証はもらうことをおすすめする。

キャッシュレスもできる

保険会社と各国にある提携病院内であれば、現金もJALカード アメックスカード も使わずに、病院で診察や治療を受けられるというサービスもある。ただ今回訪れた病院は提携外だったので、クレジットカードで立て替えた分を後日請求することに。

海外療養費の最大額

これは加入しているクレジットカード付帯海外保険の内容により異なるため、最大幾らまで支払いの適用があるのか確認した方が間違いない。

加えて病気した日から何日間まで適用。など、細かな点も知っておくと通院し過ぎて自己負担額が急激に増えて大変なことになったと慌てずに済む。

最後に

「あの時保険を使えばよかった。」後悔する前に。保険制度には色々と細かな条件があるが、諦めず慌てずに事前に確認をして賢いお金の使い方をしていこう。
詳細情報:JALカード アメックスカード

【関連情報】

3 コメント

  1. 海外旅行に家族で近々いくのですが、私も海外保険に不安を抱く一人でした。

    早速クレジットカード会社に相談して確認をしてみようとおもいます。

    ありがとうございます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here