新車中古車どっちが得で経済的?賢く車を買う方法【5か条】

新車中古車どっちが得で経済的?いつも車のローンで追われて大変だったり、毎回失敗してしまうあなたのために賢く車を買う方法、5か条。営業マンと上手に行うための交渉術も習得しましょう。

 

ローンで新車と中古車を購入する場合どっちが得?

賢く車を買う方法【5か条】
例えば、車の値段が以下だとします。

  • 新車300万円
  • 中古車100万円

現金で車を買えれば一番いいのですが、なかなかそうはいかないことも。
手持ちが70万円だとして、中古の方がローン金利があっても早く支払いを終えることができるので、余計な金利や支払いをし続けなくて安心です。

よって家計にお財布に経済的な中古車をより賢く購入するために、5つのコツをおさえていくわけなのです。

新車と中古の保証

新車には新車で3年保証などありますが、新車でそれだけの金額であるだけでなく新車ですから壊れる心配はほぼありません。中古車もメーカーにより保証もあるので、その点は今回のポイントからは除外します。

お金をいかに節約しつつ、上手に車という買い物をするかがポイントなのです。

1.中古の値段交渉方法

車のディーラーでは営業マンが車を売ると彼らにも利益が得られる仕組みです。
例えば金利が5%だと2%が営業マン、残りの3%は銀行などへ行くため、現金で購入することを心から喜んではくれません。

よって車を見ているときに営業マンと値段交渉をする際、
「お支払はどのようにされますか?」
と聞かれても、まだ決めていないなど現金であっても自分が希望する具体的な数字を提示してくるまで、支払い方法には触れないように値段交渉で駆け引きをすることです。



2.他社と見積もりしている

例えまだ1件しか見積もりをしていないとしても、他社でも車を見ていて購入を検討していることを伝えると、営業マンも黙っていないかもしれません。

3.銀行と事前にローンと金利の相談

車のディーラーで金額の決定をする前に事前対策としてローンをする場合、自分の贔屓にしている銀行でローンが組めるのか、そして金利はいくらで対応してもらえるかを確認しましょう。

そうした下準備をすることで、実際に購入(ディーラーで)現場で金額の最終決定をする前に銀行との支払い関係で話をつけているため、中古車ディーラーの営業マンはこれ以上値上げをすることはできなくなるのです。

4.車が1ヶ月またはそれ以上売れていないもの

車を選ぶときは、じっくり行いましょう。人気な車種などは値段交渉も難しいですが、1ヶ月程度ずっと目をつけながら売れていない車があることを確認しておきましょう。早く売りたくても売れない車ですから値段交渉もやりがいがあります。

5.焦らず断る準備をしておく

車を見ていると、どうしてもすぐ買いたくなりますが慌ててはいけません。
車の営業マンは巧みな話術を使って購買欲を高めてきますが、理性を失っては営業マンの思うツボですので、自分が考えていた金額よりも遥かに高かったり、計画していた金額と異なる場合は無理をせず

「また来ます。」

という、断る勇気も備えておくと、

「じゃあ、この値段だったら考え直しますか?」
そういった心理戦でも勝てる可能性も大いにあるのです。

中古車購入で賢く家計に経済的に買うための5か条、いかがでしたか?
これで車のディーラーで営業マンとのお勉強の方法も自信がつきましたね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here