テスラ新技術バッテリーセル160万キロと特許

テスラ(TSLA)TSLA 173.99 -3.56 -2.01%株価の勢いが止まらない状態が続いている中、更に9月22日のバッテリーデーという特別な日がやってくるが、TeslaCEOイーロン・マスクはどんなことを発表するのか。

新バッテリーセル特許取得

新バッテリーセル特許取得

新しいバッテリーセルの技術が上手く活用できると、走行距離はなんと100万マイル(約160万km)となり低コスト車載バッテリーでコスト削減も大いに見込める注目の技術。

ドイツに行った理由は?

先日イーロン・マスクはドイツのフォルクスワーゲン社を訪問し新型EV『ID.3』に試乗している。新バッテリーセル技術の特許を活用しての営業活動だったのか?

バッテリーデーとは?

先日テスラCEOイーロン・マスクがTwitterでつぶやいた エキサイティングなことが発表される・・・ フライングで、ツイートするほど魅力的な何かが発表される可能性大。

営業利益率は、2023年までに15.1%

UBSは、新しいバッテリー技術を取り入れることで、2023年までに15.1%上がるのではと予想するほど。モデルYや完全自動運転、特許活用なども含め、利益率が高まる材料は多いテスラ(TSLA)TSLA 173.99 -3.56 -2.01%。もうすぐお披露目となるバッテリーデーが待ち遠しい限りだ。

コメントする